東京都港区白金にある女性専用の鍼灸院。不妊治療、美容鍼。

  • お電話
  • お問い合わせ
  • ライン

結婚年齢から不妊を考える

平成28年(2016年)の日本の年間出生数は97万6,978人

平成29年の出生数は94万6,060人。

2年連続で100万人を割り、まだ減少傾向にあるのが現状です。

25~29歳 30~34歳 35~39歳
1995年 70.64 18.45 3.84
2016年 57.98 28.07 11.17

初婚率
20代が減り、30代で結婚する人が増加。現在は、40歳以上の初婚もめずらしいとは言えない状況です。

平均初婚年齢
平成28年度 男性31.1歳、女性29.4歳

出生時の母親の平均年齢
平成28年の出産平均年齢(出生順位別)、第1子が30.7歳、第2子が32.6歳、第3子が33.6歳。

47都道府県別の状況
平成28年の全国の合計特殊出生率1.44を上回ったのは36県、
下回ったのは11都道府県。

合計特殊出生率
もっとも高いのは沖縄県(1.95)、
もっとも低いのは東京都(1.24)

不妊治療にはいる年齢

少子化問題や妊活において大切なポイント
「結婚年齢」、「晩婚化」があります。

上記にもあげましたが平均初婚年齢は、

平成28年で男性が31.1歳、女性が29.4歳
30年前の1985年と比較すると、夫は2.9歳、妻は3.9歳上昇していることになります。

不妊治療をはじめるのは、「結婚後すぐに」という夫婦は少ないと考えられます。
不妊症の定義からも「一年以上の」という期間が定められているので、不妊治療にはいるのは
結婚時よりも年齢は高くなった状態です。

不妊鍼灸|鍼灸サロンRicca|東京


不妊鍼灸|鍼灸サロンRicca|東京

お問い合わせ

不妊治療の方針について

治療の方針について

症例メニュー

  • 不妊治療
  • 男性不妊治療
  • 症状ノート
  • 美容鍼
  • お灸無料体験
  • 患者様の声
  • 出産報告
  • 採用について