東京都港区白金にある女性専用の鍼灸院。不妊治療、美容鍼。

  • お電話
  • お問い合わせ
  • ライン

卵子の数と質

女性は、お母さんのお腹にいるときに、一生分の卵をもっています。
その数は、妊娠5~6ヶ月の時で700万個ともいわれ、この時点が卵子の数はピークをむかえます。
それから、卵子は増えることはなく、徐々に減っていきます。

出産時には700万個から数が減り200万個、成長し月経を迎えるころには30万個ぐらいまでになるといわれています。
そこから毎日、排卵の有無にかかわらず30~40個ずつ卵子は減っていきます。
閉経を迎えるころには、数千個程度になります。

女性が一生の中で排卵する卵子の数は500個ほど。その他の卵子は、成熟することなくなくなっていきます。

卵子の成長には、

脳の視床下部から分泌されるGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン) 

脳下垂体から分泌される FSH(卵胞刺激ホルモン) 

卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン) 黄体ホルモン(プロゲステロン)

この4つが大きく関わっています。

そしてホルモンを運ぶのは「血液」です。

ホルモンは血液に運ばれ、卵巣、子宮等の器官に運ばれて行きます。 

例えば、FSH(卵胞刺激ホルモン)は脳の下垂体から分泌され、卵胞を成熟させる働きがあります。 

血行が悪いと、FSHが卵巣に運ばれず、卵胞の発育ができなくなります。

排卵するときは、「血管新生」といって新しい血管が増えていきます。これは卵巣内の毛細血管が増えることで、卵胞に十部なFSHが行きやすくなり、質のいい卵を作ってくれます。この血管新生を起こすためには血行が良いことが大切です。

鍼灸では、よく「冷え」のサインを大切にしてカラダを診ていきます。 

冷えがある時は、血液循環が悪くなっている兆候ともとれます。

この部分を鍼灸で改善させることは、質のいい卵をつくるためにも重要です。

不妊鍼灸|鍼灸サロンRicca|東京


不妊鍼灸|鍼灸サロンRicca|東京

お問い合わせ

お知らせ

スタッフブログ

2020年1月9日 体外受精 着床前後の鍼灸

当院では、体外受精での治療をしている方に向けて、 授精卵の移植前と後に着床環境を整える鍼灸を行っております。 着床前は、緊張のためストレスを溜めている患者様が多くいらっしゃいます。 体が緊張することで、血流が悪くなるとも…

2019年12月15日 「着床の窓」をご存知ですか?

皆さんは着床の窓という言葉をご存知ですか?   卵のグレードは悪くないのになかなか着床しない、などあったときにERAという、受精卵が子宮内膜に着床する最適な時期を調べる事が出来る検査があります。着床するは、最適…

2019年12月6日 生活習慣から整える妊活

朝晩の冷え込みが、身にしみるようになりましたね。   寒さ対策を考える時期、どんな方法を皆さんは実践しているでしょうか? 不妊治療中の方も、注意が必要ですね。   鍼灸サロンリッカからもいくつかご紹介…

2019年11月25日 二人目不妊のカラダに鍼灸を

今回のブログは実際にサロンに来院してくださってる患者様のお話です。 主訴は二人目不妊 2年前から専門のクリニックに通い始めて、去年から体外受精をし始めました。当サロンには通って半年、週1回のペースで通い、毎日お灸をご自宅…

2019年11月23日 「冷え」からくる「生理痛」

これから気温が下がり、冬本場がちかずくにつれ、「冷え」を感じることが増えていきます。 冷えだけでなく、月経痛などトラブルも一緒に出てくる場合もあります。 当院に通院中のかたで、月経痛を訴える方は冷え性のお悩みもある人がよ…

2019年11月18日 片頭痛と月経不順の関係

季節の変わり目に出やすい片頭痛! 片頭痛は、発作性にでる頭痛で、脈拍と一致したズキズキした痛みや気持ち悪さ、吐き気を伴うこともおおい頭痛です。 頭痛が出る場所は、左右いずれかのことが多く、日によって痛みの場所が変わること…

2019年11月15日 子宮内膜症について

こんにちは スタッフの嶋田です 以前のブログでもお話したように、私は子宮内膜症があり、治療のための薬を服用しながら生活していますが、 鍼灸治療をするようになってからは、生理痛が軽くなって、痛み止めもほとんど飲まなくて過ご…

不妊治療の方針について

治療の方針について

症例メニュー

  • 不妊治療
  • 男性不妊治療
  • 症状ノート
  • 美容鍼
  • お灸無料体験
  • 患者様の声
  • 出産報告
  • 採用について