東京都港区白金にある女性専用の鍼灸院。不妊治療、美容鍼。

  • お電話
  • お問い合わせ
  • ライン
不妊治療について

女性ホルモンについて

女性ホルモンの種類

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの二種類に分けられます。

エストロゲンは美のホルモンといわれ、肌と髪にハリ、ツヤを与えるなど女性らしい体にする働きがあります。

プロゲステロンは母のホルモンといわれ、子宮内膜をふかふかにし、体温を上げ、妊娠状態を維持します。作用が強すぎると、むくみ、便秘なども起こります。

女性ホルモンの量

女性ホルモンはたくさん出るものではなく、一生の分泌量はたったティースプーン1杯程度とかなり微量です。

この微量の変動で、女性の体に大きな影響が出やすいです。

女性ホルモンを出す場所

脳から指令を受けて卵巣から分泌されます。そこから血液に乗って、ターゲットとなる臓器へと運ばれていきます。

女性ホルモンと自律神経

体温や睡眠などにかかわる自律神経は、生命を維持する重要な働きがあります。

女性の体がうまく機能するように調節する女性ホルモンと、ウイルスなどから身を守る免疫と自律神経の3つの土台がうまく機能することで健康に過ごせます。

女性ホルモンと自律神経の調節は脳の同じ部分が司っているので、互いに影響を受けやすいです。

まずは、なるべく同じ時間に起きて、寝る。朝ごはんをきちんと食べる、適度な運動をするなどとして、自律神経を整える生活を意識してみてください。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが乱れるということは、子宮や卵巣に負担がかかっているということです。

東洋医学では子宮、卵巣の機能と関係する臓器が「腎」になります。この腎の機能が低下することを「腎虚」といいます。腎虚は生殖機能が弱っている状態です。

女性では卵巣機能不全、黄体機能不全。男性では精子減少症、精力減退などです。

スタッフ紹介

お問い合わせ

不妊治療の方針について

治療の方針について

症例メニュー

  • 不妊治療
  • 男性不妊治療
  • 症状ノート
  • 美容鍼
  • お灸無料体験
  • 患者様の声
  • 出産報告