東京都港区白金にある女性専用の鍼灸院。不妊治療、美容鍼。

  • お電話
  • お問い合わせ
  • ライン

小児はりについて

鍼(はり)というと、小さい子供には「痛そう」「こわい」というイメージになりやすいと思いますが、大人に使うはり違い小児用の皮膚を優しくこするタイプのはりを使います。

お子さんが痛みを感じることはなく気持ちよく安心して受けられるので、施術中は寝てしまう子も多いです。

目的としては、病気になりにくいカラダづくりのはりと、「夜泣き」や「おねしょ」等を治すはりの二つに分けられます。子どもの情緒が安定し健康でいられれば、育児がしやすくなり家族が健やかに安心して生活できるようになります。

子供の成長をサポート

子供はカラダと頭をどんどん動かしながら、いろいろなことを覚えていきます。

その中で泣いたいり、笑ったり情緒が安定しない時期もあり、ママパパもおもわず怒ってしまうことやストレスを感じることも多いと思います。

小児はりで肌をやさしくなでてあげると、自律神経が整えられます。

  • 夜ぐっすり眠れる
  • 抵抗力、免疫力があがる
  • 食欲が上がりご飯がいっぱい食べれる

などの効果が期待できます。

子供の病に

夜泣きや疳の虫、アトピーや喘息などの病気に小児はりを行います。小さい子供の場合、かんしゃく、よく泣く、寝つきが悪い等、病気ではないが成長の妨げになる症状もたくさんあります。

東洋医学では子供の症状を、肝気と心気が亢進しているととらえます。肝と心が亢進すると落ち着きがなく、イライラしていて、情緒不安、寝つきが悪くなると考えられています。

こどもにもツボがあり、刺激をしてあげると肝・心の気を落ち着かせ、気分が安定していきます。

適応症状

夜泣き、疳の虫、キーキー声、かみつく、所かまわず頭をぶつける、食欲がない、便秘、下痢、風邪を引きやすい、夜尿症、小児喘息、アトピー性皮膚炎、肩こり、頭痛、中耳炎、鼻炎、腹痛、チックなど

不適応症

38度以上の発熱時は、急性期の病の場合もあるので病院での適切な処置が必要です。

よくあるご質問

いくつから受けられますか?

当院では、お子さんの安全も考慮し、首がすわってからの施術をおすすめします。生後3ヵ月~小学校6年生までが対象とお考えてください。中学生からは、大人と同じ施術をする場合が多くなります。

どんな治療法なの?

皮膚には刺ささない鍼で、ツボを優しくなでます。お子さんが痛みを感じることはなく、とても気持ちの良い施術です。小さいお子さんは、ご家族に抱っこしていただいた状態で施術するのでご安心ください。

どうして効くのか?

「皮膚は考える」の著書 傳田光洋さん(皮膚科学研究者)の考えを施術に取り入れています。

人間の皮膚も神経も、もともとは同じ外胚葉という脳の部分から成ります。そして、皮膚には神経と同じ情報伝達物質があり、心地よい刺激が皮膚に伝わると神経も安定し、カラダがリラックスできます。

皮膚はただ体を包んでいるだけでなく、体の不調や、どこに鍼をすれば体が治るか等、いろいろな情報を私たちに教えてくれます。皮膚に鍼をあてることで、その刺激が神経を伝わり脳に行き、体を治そうという反応が起こるのです。

施術時間・施術間隔は?

夜泣き、おねしょ等、初期はあまり間を置かずに3~5回続けます。それから2週間に1回、1ヶ月に1回など、治療間隔をあけていきます。多くの場合は、このようなペースで施術していきます。大人と違い、反応がはやい子供は施術時間も短くなります。

目安として

0歳~3歳→1分~3分
4歳~7歳→4分~7分
8歳~12歳→8分~10分。

くらいと考えてください。

その他、問診など含め初回は30分くらいになります。

家族の生活リズムが子供に影響を与える

家族の生活リズムを整えることが大切です。食事の時間や寝る時間、両親の生活リズム、体調を整えることも小児の治療には重要なことです。

早寝早起きの習慣をみにつけたり、栄養バランスのよい食事をゆっくりとったり、家族の普段の生活を考える機会にしてみてはどうでしょうか?

小児はり料金

初回料金は4,500円。2回目以降は施術料金3,000円のみで施術を受けることができます。ぜひ当院の小児はりをお試しください。

お問い合わせ

お知らせ

2021年4月5日 鍼灸サロンリッカ コロナ対策継続中

緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ油断できない状況が続いています。 宣言中も鍼灸サロンリッカは、感染対策を実施しながら施術に努めてまいりました。 鍼灸サロンリッカのコロナ対策 https://ricca-shiro…

2021年2月21日 鍼灸サロンリッカのブログ

鍼灸サロンリッカブログ リッカでは、スタッフ、院長と別々にブログを更新しています。 院長 藪崎篤子のブログ https://ameblo.jp/ricca-shirogane スタッフブログ https://ricca-…

2021年2月9日 二人目不妊の施術はお子さんと

鍼灸サロンリッカ チャイルドスペース 緊急事態宣言が延長され、 まだまだ予断を許さない状況。 幼稚園や小学校も休校にはなりませんが、咳や鼻水があると学校を休んだり、密になるので習い事を休んでいるという方も多く、お子さんた…

2021年2月8日 オンライン妊活・健康相談

オンライン 妊活・健康相談 鍼灸サロンリッカでは、オンラインによる妊活サポートも実施しています。 ただいまページ作成中です。 現在、下記内容で実施してるので、ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。     鍼灸院での妊活…

2021年1月17日 オンラインおしゃべり会

鍼灸サロンRiccaも第3回で、お話させていただきました。 ・ちょっと息抜きに ・おしゃべりでリラックス ・専門家のお話をききたい ・子育ての相談 ・家族の愚痴 などなど、気軽に意見交換できるオンラインおしゃべり会です。…

2021年1月16日 港区子育て懇談会

昨年に引き続き、鍼灸サロンRiccaも参加、お話をさせていただきます。 緊急事態宣言のため、今回はオンラインでの参加になります。 コロナ禍でストレスが多い時期、充実した時間を皆様と過ごし、リフレッシュができればと思います…

2021年1月14日 不妊治療に関する数値の見方

先日、妊娠力向上委員会のページでシェアされていた内容が目にとまりました。 2018年、体外受精での生児獲得率は5.7% *日本産婦人科学会のデータより https://news.yahoo.co.jp/articles/…

スタッフブログ

2021年4月20日

気温があがり、日差しが強くなってきました。 紫外線は、シミ、乾燥、シワ、たるみなどの原因になります。 さらに、コロナでテレワークが続き、いつもより肩こりや頭痛がひどく感じたり、身体がだるなどの不調を感じている方も多いので…

2021年4月10日 妊活とプレ更年期の時期

妊活中のプレ更年期症状に注意 更年期と聞くと、閉経前後に出てくるイメージがあり、平均閉経年齢50.5歳の前後5年(45歳~55歳)を「更年期」と考えています。 プレ更年期は、30代後半〜40代半ばごろといわれており、 卵…

2021年2月26日 更年期の女性ホルモントラブル

閉経を迎え、女性ホルモンが少なくなると、女性の体には色々な不調が現れます。 病院に行くほどではないけど、何となく」と体はサインをだしています。 今日は「更年期障害」についてご紹介します。 女性には避けて通れない症状なので…

2021年2月19日 生理不順をおこす日常生活

生理とは、子宮内膜が出血をともなってはがれ落ち、体外へ排出されること、女性のカラダが妊娠できるようにする準備期間です。 生理周期の目安は、25~35日で、生理の始まった日から次の生理が始まる前の日までの期間をいいます。 …

2021年2月14日 不妊治療中に多い頭痛を改善

頭痛の悩む日本人は4000万人以上と言われています。 テレワークが進む今、家でパソコンをする時間が増え、頭痛を感じる人も増えていると思います。 頭痛というと、片頭痛と緊張性頭痛が有名で、このどちらかか、二つの混合タイプの…

2021年2月11日 妊活のツボをご紹介

未来の出産・妊娠にむけてのツボ まだ20代だから、結婚の予定がない、仕事や趣味が忙しいなど、今は子どもが欲しいわけではない人、でも将来的に子供は欲しいと願う人も。 もしあなたが将来、妊娠・出産を望んだとき、子供を迎えるカ…

2021年2月9日 テレワーク期間の二人目妊活

コロナ禍で、在宅勤務でパソコンに向かう時間も長くなっています。 ニュースを見ていると、テレワークに伴う心身の疲れがでてきているとゆうう記事を目にします。 テレワーク症候群、燃え尽き症候群、VDT症候群など、いろいろな名前…

不妊治療の方針について

治療の方針について

症例メニュー

  • 不妊治療
  • 男性不妊治療
  • 症状ノート
  • 美容鍼
  • お灸無料体験
  • 患者様の声
  • 出産報告