不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
不妊治療
不妊とは? 不妊の原因 不妊症の鍼灸治療
不妊鍼灸Q&A 不妊カウンセラー 不妊と冷え
不妊と頭痛 不妊とストレス 男性不妊
安産灸 逆子(骨盤位) 不育症
二人目不妊 鍼灸の科学的根拠 不妊症とお灸

不妊症とお灸

鎮痛作用、生理痛などの痛みに対する予防・治療

鍼灸刺激は、ポリモーダル受容器(侵害受容器)をはじめとする各種の感覚受容器を興奮させ、鎮痛効果をもたらします。ポリモーダル受容器とは痛みを感じる感覚器官で、機械・化学・熱刺激のいずれにも反応するため、鍼灸刺激の末梢受容器(経穴=ツボ)の有力候補とされています。

また、炎症関連物質によって反応性が高まることから、圧痛点(阿是穴・あぜけつ)や痛みの引き金になるトリガーポイントの成因の一つとも考えられています。排卵には、プロゲステロン及びその受容体とプロスタグランジンの合成が必要ですが、プロスタグランジンの生成を妨げる薬に、解熱・鎮痛剤などの非ステロイド性消炎鎮痛薬(アスピリン・ロキソニンなど)があります。こうした薬を使わずに鍼灸治療によって重度の生理痛を治し、自然妊娠した症例を数多く経験しています。

また、鎮痛作用として鍼灸が思いのほか不妊領域にて役に立つのは、採卵後の痛みや不快感に対する処置です。採卵後、下腹部が重いといった症状を訴える方が大変多くいらっしゃいますので、鍼灸にてある程度痛みを和らげることが可能です。

着床・免疫寛容について

免疫寛容とは妊娠成立のために着床した胚を異物としてとらえず、攻撃しないようにするメカニズムのことをいいます。

受精卵が子宮に着床しない着床不全の原因としては、卵管や子宮の問題、免疫因子、凝固因子や卵、精子、胚の問題など様々な要因がありますが、免疫に関しては、リンパ球の一種であるNK細胞が子宮における免疫システムの維持に重要な機能を果たしています。

NK細胞の異常は、着床不全のリスク因子となりえるのです。鍼灸では、この着床のリスク要因を減らすことができます。レーザー鍼(LLLT)を使用することにより、
リスク要因となりえる特定のNK細胞を制御できることがわかっています。

不妊鍼灸やってみませんか?

産婦人科病院での不妊症治療に、鍼灸治療を加える事で、明らかな妊娠率の向上がみられる事からも、原則として不妊症は鍼灸治療の対象になると考えています。

子宮内の血液循環や、ホルモン動態の変化を期待できる鍼灸治療は、人間が本来もっているメカニズムを選択的に引き出しながら、全体としての調整をとり、不妊症の改善に効果を発揮します。

また、不妊症の患者さんの心は、長期間にわたり緊張状態が持続しがちであり、病院での不妊症治療を受ける事で発生する精神的ストレスや、自律神経、特に交感神経の緊張から来る、冷え症・生理痛・肩こり・腰痛などの心身全体に表れる不定愁訴の緩和にも有効ですあり、良い夫婦関係を築き、心身の健康を保つ事にも役立ちます。

Page Top