東京都港区白金にある女性専用の鍼灸院。不妊治療、美容鍼。

  • お電話
  • お問い合わせ
  • ライン
不妊治療について

男性不妊と飲酒

飲酒で精子を作る環境にどのような変化があるか

お酒(アルコール)は適度な量であれば、ストレス解消や、食欲増進等、いい作用が期待できるといわれています。しかし、飲み過ぎてしまうと、精子をつくる働き(造精機能)の問題につながる場合があるとも考えられています。

お酒(アルコール)はそのほとんどが肝臓で分解されていますが、精巣内にもアルコールを分解する酵素があります。アルコールを分解する過程で、毒性の高いアセトアルデヒドという物質が精巣内に増えていきます。

このアセトアルデヒドが精巣内に蓄積すると、精子をつくる能力を奪ったり、男性ホルモンの合成を抑制したりしてしまうことがあるそうです。

また、東洋医学においては、お酒(アルコール)の飲み過ぎは体の冷えを招き、男性の精子をつくる働きをも低下させてしまうと考えられています。

冷えについてはこちらをご覧ください→冷え

お酒はほどほどに、適度な量でおねがいします。

お問い合わせ

不妊治療の方針について

治療の方針について

症例メニュー

  • 不妊治療
  • 男性不妊治療
  • 症状ノート
  • 美容鍼
  • お灸無料体験
  • 患者様の声
  • 出産報告