東京都港区白金にある女性専用の鍼灸院。不妊治療、美容鍼。

  • お電話
  • お問い合わせ
  • ライン
不妊治療について

乏精子症について

精子をつくる機能に問題のある造精機能障害の一つで、その大半は原因がわからない特発性造精機能障害になります。乏精子症とは、この造精機能障害によって、出された精液中の精子濃度が低い状態です。

精液検査(精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無)

精液量 1.5ml以上
総運動率 40%以上

乏精子症とは精液中の精子濃度が2000万/mlより低い場合のことをいいます。精子濃度が正常値よりもわずかに低いものから、0に近いものまでと様々な場合があります。

WHOが2010年に改訂した精液所見の基準値では、精子濃度は1mLあたり1500万個以上とされています。

精液所見は変動が激しいので、間隔をあけながら精液検査を数回行い、常に基準値を下回ると乏精子症と診断されます。

自然妊娠しやすい精子濃度とされるのは1mLあたり4000万個以上、総運動率は50%以上ともいわれています。

乏精子症の治療

まず非内分泌療法という治療が選択される場合が多いです。非内分泌治療は、漢方薬やビタミン剤を使用し、精巣の血行を良くし、受精する力を高めていこうという治療方法です。

漢方薬を使ったからといって、精液検査の結果が良くなるかは、まだ確実なものではありません。

しかし、精子の質は良くなる(妊娠がしやすくなる)という結果はたびたび報告されており、医師も乏精子症の治療に漢方薬を使用しています。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

男性不妊治療に用いられることが多い漢方です。

精子の数や運動率を改善する効果があると言われています。

また、男性ホルモンのテストステロンという物質の分泌を良くする、食欲があまりない人、胃が弱い人、気力が湧かない人などにも向いている漢方なので、妊娠のための体力づくりに、服用を勧められるということもあります。

鍼灸治療

東洋医学の考えでは、乏精子症は「精と陰液が不足した状態」です。体の中に熱が溜まり、精子の減少や、精子をつくる腎臓の働きが低下した状態。更に精液の産生が不足し粘度が増して精子の運動が障害された状態です。

手足がほてりやすい体質の人が多く、性欲の亢進、持続性勃起などの症状が出ることもあります。

鍼灸で腎経(じんけい)という腎蔵の働きを高める作用を持つツボの中から、ツボを選択して治療をしていきます。

腎蔵の働きを整え、体の中の熱を冷ますことで、精子をつくりやすいように体内環境を整え、乏精子症の症状を改善していきます。

乏精子症による男性不妊の治療は、東京港区の鍼灸サロンRiccaにぜひご相談ください。

不妊鍼灸|男性不妊

初回限定お試し価格実施中

他の院では、治らなかったまたは効果を実感出来なかった人など、ぜひ当院の初回限定お試し価格をご利用ください。


他にもこんな症状に効果的です!

お問い合わせ

お知らせ

2021年4月5日 鍼灸サロンリッカ コロナ対策継続中

緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ油断できない状況が続いています。 宣言中も鍼灸サロンリッカは、感染対策を実施しながら施術に努めてまいりました。 鍼灸サロンリッカのコロナ対策 https://ricca-shiro…

2021年2月21日 鍼灸サロンリッカのブログ

鍼灸サロンリッカブログ リッカでは、スタッフ、院長と別々にブログを更新しています。 院長 藪崎篤子のブログ https://ameblo.jp/ricca-shirogane スタッフブログ https://ricca-…

2021年2月9日 二人目不妊の施術はお子さんと

鍼灸サロンリッカ チャイルドスペース 緊急事態宣言が延長され、 まだまだ予断を許さない状況。 幼稚園や小学校も休校にはなりませんが、咳や鼻水があると学校を休んだり、密になるので習い事を休んでいるという方も多く、お子さんた…

2021年2月8日 オンライン妊活・健康相談

オンライン 妊活・健康相談 鍼灸サロンリッカでは、オンラインによる妊活サポートも実施しています。 ただいまページ作成中です。 現在、下記内容で実施してるので、ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。     鍼灸院での妊活…

2021年1月17日 オンラインおしゃべり会

鍼灸サロンRiccaも第3回で、お話させていただきました。 ・ちょっと息抜きに ・おしゃべりでリラックス ・専門家のお話をききたい ・子育ての相談 ・家族の愚痴 などなど、気軽に意見交換できるオンラインおしゃべり会です。…

2021年1月16日 港区子育て懇談会

昨年に引き続き、鍼灸サロンRiccaも参加、お話をさせていただきます。 緊急事態宣言のため、今回はオンラインでの参加になります。 コロナ禍でストレスが多い時期、充実した時間を皆様と過ごし、リフレッシュができればと思います…

2021年1月14日 不妊治療に関する数値の見方

先日、妊娠力向上委員会のページでシェアされていた内容が目にとまりました。 2018年、体外受精での生児獲得率は5.7% *日本産婦人科学会のデータより https://news.yahoo.co.jp/articles/…

スタッフブログ

2021年4月20日

気温があがり、日差しが強くなってきました。 紫外線は、シミ、乾燥、シワ、たるみなどの原因になります。 さらに、コロナでテレワークが続き、いつもより肩こりや頭痛がひどく感じたり、身体がだるなどの不調を感じている方も多いので…

2021年4月10日 妊活とプレ更年期の時期

妊活中のプレ更年期症状に注意 更年期と聞くと、閉経前後に出てくるイメージがあり、平均閉経年齢50.5歳の前後5年(45歳~55歳)を「更年期」と考えています。 プレ更年期は、30代後半〜40代半ばごろといわれており、 卵…

2021年2月26日 更年期の女性ホルモントラブル

閉経を迎え、女性ホルモンが少なくなると、女性の体には色々な不調が現れます。 病院に行くほどではないけど、何となく」と体はサインをだしています。 今日は「更年期障害」についてご紹介します。 女性には避けて通れない症状なので…

2021年2月19日 生理不順をおこす日常生活

生理とは、子宮内膜が出血をともなってはがれ落ち、体外へ排出されること、女性のカラダが妊娠できるようにする準備期間です。 生理周期の目安は、25~35日で、生理の始まった日から次の生理が始まる前の日までの期間をいいます。 …

2021年2月14日 不妊治療中に多い頭痛を改善

頭痛の悩む日本人は4000万人以上と言われています。 テレワークが進む今、家でパソコンをする時間が増え、頭痛を感じる人も増えていると思います。 頭痛というと、片頭痛と緊張性頭痛が有名で、このどちらかか、二つの混合タイプの…

2021年2月11日 妊活のツボをご紹介

未来の出産・妊娠にむけてのツボ まだ20代だから、結婚の予定がない、仕事や趣味が忙しいなど、今は子どもが欲しいわけではない人、でも将来的に子供は欲しいと願う人も。 もしあなたが将来、妊娠・出産を望んだとき、子供を迎えるカ…

2021年2月9日 テレワーク期間の二人目妊活

コロナ禍で、在宅勤務でパソコンに向かう時間も長くなっています。 ニュースを見ていると、テレワークに伴う心身の疲れがでてきているとゆうう記事を目にします。 テレワーク症候群、燃え尽き症候群、VDT症候群など、いろいろな名前…

出産報告