不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • Riccaについて
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
ブログ

Riccaブログ

2018.10.09

不妊治療に夫を参加させよう

 「不妊治療に対する男性の心理を知ろう!」

鍼灸サロンRicca 男性不妊担当ヤブザキです。



不妊カウンセリングには、年齢・職業・収入、色々な人が話をされにきます。
そんな中共通して感じることがあります。


「男性は女性よりもデリケート!プレッシャーに弱い!プライドが高い!」

自身の健康状態を知ることに、「怖さ」を感じて不妊治療に積極的に参加できない人が多いです。


不妊治療に対して、男性は大きく分けると2つの不安を抱えています。



1つは、金銭的な不安
もう一つは、肉体的不安




金銭的な不安に対しては、「収入がたくさんあるので問題なし。」という人も若干いますが、
不妊治療にかかる費用・出産にかかる費用・子供を育てていくための費用、今後の出費に対して、ネガティブに考えることもあるはずです。


ただ、金銭的な不安に対しては、ネガティブに考えながらも、「頑張っていこう!」と言う人が多いです。




問題は、もう一つの不安。
肉体的なもの、具体的にいうと自身の精子の状態を知ったとき、数が少ない・動きが悪い等の原因が見つかることへの不安です。これは、収入や年齢に関係なく、不妊治療をはじめるすべての男性が抱える悩みだと思います。




「不妊治療には協力したいけど、自分が精液検査を受けることは避けたい。」





多くの男性が考えていることだと思います。
実際に不妊治療を長年続けているご夫婦でも、男性は検査を受けたことがない、1回だけ検査を受けてあとはそれっきりという人はたくさんいます。


不妊治療の検査に対して言えば、女性の方が男性よりもはるかに大変なものです。
時間や通院の回数もかかる。検査によっては少し痛みを感じるものもある。


男性の検査は、1回で短時間で、痛みはなし。 女性からみたら、何で検査が嫌なのかわからないと感じる人も多いのでは




子供は欲しい・不妊治療には協力したい。ではなぜ?
男性は精液検査を受けたくないか?自分の精子の状態を知りたくないのか?


カウンセリングで教えてくれた男性陣の考えは


結果が悪かったことを受け入れることができない。結果が悪い、それなら子供をあきらめる。


最初に書いたように「男性はデリケート!プレッシャーに弱い!プライドが高い!
悪かった時の結果をイメージしてしまい、治療にネガティブな考えを持ってしまう人が多いのです。




もちろん男性全員にあてはまることではありませんが、こういう男性心理を知っていると、不妊治療にパートナーを参加させる対策を立てることができます。



女性は男性よりも、毎月の生理がある分、自信の体について詳しくしっています。
男性はというとかなり無知です。



男性の不妊に対しての情報不足が、治療の参加を妨げる大きな原因だと思います。
男性ホルモンや精子、不妊治療について、もっと知識があると[





「男性が何をしていけばいいか?」
がわかり、より協力的にパートナーを支えていくことができます

男性不妊治療|不妊鍼灸

日本では不妊症といえば女性の問題というイメージが少なからずあり、不妊治療医療機関は
大半が婦人科で、男性不妊も一緒に診てくれる病院は限られています。




しかし、最近は不妊原因の約半数が男性にもあるということが知られるようになり、夫婦そろって受診される方々も
徐々に増えてきているそうですが、海外に比べると日本はまだまだワーストに入るくらいだそうです



男性不妊の原因は様々ですが、環境ホルモン、ストレス、タバコ、精巣を温めてしまう生活習慣などの悪影響が重なり、
精子に問題を起こしている可能性があります。そんな現代だからこそ、不妊において男性も当事者意識を持つことが
大切であると考えられます。



男性不妊において自分で出来ることは…



規則正しい生活、精巣の高温環境を避けること。ブリーフよりトランクス、サウナは控える。
(精巣の適温は32~34℃)
禁欲期間を短くする。理想は1週間に3、4回精子を出してフレッシュなものにすることだそうです。
そうすると、不妊や流産の危険になるDNA損傷のある精子が減少するそうです。



男性の中には「自分は大丈夫」と自分の問題に向き合わない間に受診の機会を遠ざけている方も多いのではないかと
思います。しかし、その間に女性のタイムリミットが近づいてしまうのは避けたい悪循環です



不妊は夫婦ふたりの問題。共に診察を受ければ、奥さんだけが余分検査や治療を受ける必要もなくなる可能性があります
もしや不妊?と思ったらまず夫婦ふたりで受診をしましょう。


今後、夫婦そろって受診しやすい環境がと整えられ、少しでも女性側の精神的負担が軽減されることを期待したいですね

しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2256/


 
鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
https://ameblo.jp/ricca-shirogane/


 
鍼灸サロンRicca facebook
https://www.facebook.com/riccashirogane/
 

TEL 03-3445-1189

男性不妊アンケート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Page Top