不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • Riccaについて
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
ブログ

Riccaブログ

2019.01.18

花粉症のセルフケアについて

もうすぐ2月!
花粉症に悩まされる方も多いのでは?

リッカに不妊鍼灸や美容鍼で通院中の方も、くしゃみや鼻水でお悩みで、薬の調整がうまくいかない方も多いです。


今日は花粉症のセルフケアについてご紹介します。



「疲れ」はアレルギーの大敵です 花粉症というと、とかく「花粉」ばかり注意しがちですが、
それと同じくらいに大切なのが体調を整えることです。
花粉シーズンを乗り切るためには、生活習慣を見直して、体調を整えることも大切なポイントです。



1.栄養バランスの良い食事をとる。
 花粉シーズン中はどうしても食欲が減退しがち。栄養不足になると体力が低下するので1日3食、
バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。



2.酒・タバコを控える。
 アルコールは華の血管に充血をおこすので、シーズン中は控えたほうがいいでしょう。
特に鼻づまりの人は、お酒を飲むと症状が悪化するので要注意。
 タバコは鼻やのどの粘膜を刺激して、花粉症の症状を悪化させる恐れがあります。
周囲の人にも協力をしてもらい、タバコの煙はできるだけ避けるようにしましょう。



3.睡眠不足や過労を避ける。
 睡眠や休養を十分に取って体調を維持することは、ふだんから大切なことですが、特に花粉シーズンは留意したいもの。
睡眠不足や過労が続くと、体力が低下して症状を悪化させる恐れがあります。



4.ストレスを溜め込まない。
 アレルギーとストレスは深く関係しています。ストレスがたまると、自律神経がバランスがくずれて、
花粉症の症状を悪化させます。適度な運動をしたり、趣味を楽しんだりして、ストレス解消に努めましょう。



また、鍼灸治療も自律神経を整えたり、免疫力を高める効果があります。
鼻づまりやのどや目の症状を和らげるツボもありますのでぜひ、おすすめです



そして、マスクやメガネの着用はもちろん、花粉の付きにくい服装や玄関で花粉を払ってから家に入るなど 、できるだけ体内に花粉を取り入れないように心がけましょう。

不妊鍼灸|鍼灸サロンRicca|東京

生理周期を整えたるために、薬を使っているという方も不妊クリニックに通っている方には多いです。
この時期、花粉症の薬や症状でクリニックの治療がうまくいかないと話されている方の声もきいています。

本格的なシーズンが来る前にセルフケアで花粉症に負けないカラダづくりをしていきましょう。


花粉症2019_1月2



鍼灸サロンRicca 

東京都港区白金1-28-18Yビル2F ℡ 03-3445-1189 http://ricca-shirogane.jp/

しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2256/


 
鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
https://ameblo.jp/ricca-shirogane/


 
鍼灸サロンRicca facebook
https://www.facebook.com/riccashirogane/
 

TEL 03-3445-1189

2019.01.14

花粉症、アレルギー性鼻炎でお悩みの方に

喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症でくしゃみ、鼻水、目のかゆみの症状にお悩みの方が増えてくる時期です!



東洋医学では、アレルギー性鼻炎や花粉症の症状を「水毒」ととらえています。
水毒とは必要なところに水分が少なく、特定のある部分にたくさん溜まっている状態、鼻水や涙目などは、不要な場所に水分がたまっていることから起こってくる症状です。鼻づまりも鼻の粘膜に水分が溜まり膨張して鼻をふさぐことで起こります。




水毒」は水分代謝が悪くなって、くしゃみ、鼻水、鼻づまりいがいに、むくみやめまい、吐き気などが起こりやすくなります。



漢方薬・鍼灸治療の場合、水や鼻づまり、くしゃみなど症状そのものを抑える「標治法」と、
アレルギー体質を改善していく「本治法」に分けて治療します。


本治法で内臓機能をととのえ、水分代謝をよくし、くしゃみ、鼻水などの症状に対して標治法の治療を加えていきます。


今回はおすすめの、漢方薬・ツボをご紹介させていただきます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、の漢方薬
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛みのある初期のかぜやアレルギー性鼻炎でお悩みの方におすすめ。


麻黄附子細辛湯まおうぶしさいしんとう
くしゃみが何回も出る。涙が出る。
うすい水のような鼻水が流れるように出る。
背中が寒くぞくぞくする。


麻杏甘石湯まきょうかんせきとう
鼻かぜ、アレルギー性鼻炎がなかなか治らないと
鼻水など分泌物が少なく、粘くなり、鼻粘膜が浮腫状に腫れて赤くなり、鼻づまりの症状になる。
ヒューヒューという喘鳴のある気管支ぜんそくにも効きます。


小青竜湯しょうせいりゅうとう
くしゃみ、鼻水、つばが多く出てうすい痰、このような症状のある
感冒、アレルギー性鼻炎、気管支炎(ゴロゴロ、ゼリゼリ、という喘鳴が聞こえる。)


 ○半夏厚朴湯はんげこうぼくとう
カゼの急性期を過ぎて咳だけが残ったような場合。
特にのどになにかひっかかって違和感のあるような症状によく使われます。


麦門冬湯ばくもんどうとう
咽喉が乾燥し、声が嗄れ、咳が下から突きあげてくる。
痰は無いか、少量でねばついて切れにくく、のどに痛みがあるときに効果があります。

 
花粉症・アレルギー性鼻炎のツボ
・百会…頭のてっぺんにあるツボ。鼻の通りを良くするとともに、頭痛、めまいなどにも効果があります。
・上星…百会から額のほうに下がった、髪の生え際から少し上にあるツボ。めまい、鼻づまりなどに効果的です。
・印堂…左右のまゆげの間にあります。鼻水、鼻づまりの他、こころを落ち着かせるためにも使用されます。
・合谷…手の甲の親指と人差し指の付け根の間で、押したら圧痛を感じるところ。万能なツボですが、主に頭痛、のどの痛み、目の充血の緩和に効果があります。


参考にしていただければと思います。詳しく知りたい方は、当院までご相談ください。



 

花粉症2019_1月2

また、お顔のツボも花粉症には効果的です!
この部分は、プロの鍼灸師におまかせください。

しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2256/


 鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
https://ameblo.jp/ricca-shirogane/


 鍼灸サロンRicca facebook
https://www.facebook.com/riccashirogane/
 

TEL 03-3445-1189

2019.01.07

初期流産の可能性も考えて

「着床後のハードル」

移植後の判定でようやく妊娠反応があっても、残念ながら無事に出産までたどりつけない方もいらっしゃいます。


やっと妊娠できて胎嚢、心拍確認できれも流産する確率は3%~5%はあります。
その中でも特に多いのが、妊娠初期の流産です




初期流産は妊娠3ヶ月(12週)くらいまでにみられる「早期流産」です。
この妊娠3ヶ月位までの早期流産は、染色体異常などで胎児側に原因があるのが大多数です。
流産に責任を感じて落ち込む方も多いですが、自分の行動が原因で流産になるのはごくまれです。


もしこんな症状があれば早目に病院にいきましょう。



*異常な出血がある
妊娠初期の段階ではまだ体が不安定で、正常な妊娠でも出血することがあります。
でもそれが大量の出血だったり、あまり長い間続くような出血だと、流産が始まっている可能性も考えなくてはいけません。
自己判断しないで気になる時は早めに医療機関を受診しましょう。



*周期的におなかが痛い
重い生理痛のような痛みが10分間隔、5分間隔というように
周期的にやってくるようなら、流産の危険があるかもしれません。
すぐに医療機関に行くことをおすすめします。






流産を防ぐためにできる予防策とは?
流産のほとんどは、赤ちゃんの染色体異常が原因です。



流産防止のための体作りについてご紹介します。



【1】体を冷やさないよう心掛ける
腰回りを冷やすと子宮内の血流が悪くなり、子宮内膜の機能が低下していまいます。
子宮内膜の機能が低下すると、胎盤がうまく作られないことが多く、
お腹の赤ちゃんが育てられないこともあります。
流産を避けるためにも、日常生活から腰回りを冷やさない工夫をしていきましょう。
冷え対策として、腹巻き、ストール、カーディガンを使って冷房の冷えから体を守りましょう。



【2】たばこは吸わない・近づかない
受動喫煙も流産の原因となりかねません。職場などでは上司のたばこの煙を浴びることもあるかもしれませんが、なるべく喫煙する場所には近づかないようにしましょう。



【3】日常生活にビタミンEを
普段の食生活ではあまり意識をしていない「ビタミンE」という栄養素ですが、流産予防に良いと言われています。
ビタミンEの一番大きな効能は「血行促進の効果」です。

ビタミンEを継続的に摂取することで、体内の血の巡りが良くなると言われています。
そうすると子宮内膜の血行も良くなり、妊娠しやすく胎盤が作られやすい体に変わりやすいとされています。

また、ビタミンEは「様々なホルモン分泌を促す」とも言われています。
ホルモンの中には、排卵後に卵巣から出る「黄体ホルモン」も含まれていますので、胎盤の形成不全に悩む方は積極的にビタミンEを摂取してみるのもいいかもしれません。
ビタミンEは、キウイフルーツやほうれんそう、モロヘイヤなどの食材に多く含まれています。



【4】過労や睡眠不足は避ける
過労や睡眠不足は妊娠初期の体に大きな負担を与え、ただでさえ不安定な体調が崩れることがあります。
働いている方は、長時間の立ち仕事に注意しましょう。



【5】ストレスをためこまない
過度なストレスも、デリケートな妊婦さんの体に負担を与えます。
妊娠初期は状況の変化やつわりなどでストレスがたまりやすい環境にあります。
自分なりのリラックス法を見つけるようにしましょう。



安心のサポート体制

不妊治療をしているからこそやっとの思いで妊娠できた、その結果流産になったとしても、決して自分を責めないでください



ほとんどの流産は母胎側ではなく、染色体異常が原因で起こります。
少しの間でもお腹の中で成長した赤ちゃんに感謝して、次の妊娠に向けて心と身体を整えて回復を待ちましょう



しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2256/


 鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
https://ameblo.jp/ricca-shirogane/


 鍼灸サロンRicca facebook
https://www.facebook.com/riccashirogane/
 

TEL 03-3445-1189

2019.01.05

2019年鍼灸サロンRicca

 あけましておめでとうございます

2019年もよろしくお願いいたします。


鍼灸サロンRiccaは、1月4日からスタートしています!
院長 藪崎 篤子は、産休に入らせていただきました。

復帰まで、スタッフが皆様の妊活をサポートさせていただきます。
鍼灸サロンリッカ スタッフページ


施術スケジュールも以下のようになっていますので、お手数ですがご確認ください。

男性不妊の助成があがる、教育関係の無償化、
妊産婦加算の見直しなど、不妊に関する制度もいろいろ
かわってきています。

少子化が問題になる今、鍼灸師、不妊カウンセラーとして
私たちに何ができるか?

病院に通う、子育てをしていく、治療や育児にがんばる
女性のカラダを鍼灸でサポートしていくことだと思っています。


本年もスタッフ一同、鍼灸で「女性に笑顔と元気を」お届けできるよう、皆様のご来院をお待ちしております!

鍼灸治療は気持ちいい


鍼灸サロンRiccaの鍼治療は、 まったく痛くない優しい刺激です。鍼を皮膚にあてるだけで体は変化していきます。
適切なツボに刺激を加えることで、 体の変化を感じながら受けられる優しい治療です。ぜひ、 妊活に鍼灸治療を取り入れてみませんか?


しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
 
鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
 
鍼灸サロンRicca facebook

不妊鍼灸やってみませんか?

2018.12.29

鍼灸サロンリッカスケジュール

 2018年もあとわずか!

本年もたくさんの方に、リッカの施術を受けていただき、感謝しております

妊娠、出産のご報告もたくさんいただきました。
とても嬉しいことですが、まだまだ結果がでない方もいることからも、
日々の施術をより効果的で充実したものになるよう、努力をしていきます!



来年も、鍼灸で「女性に笑顔と元気を」お届けできるよう、スタッフ一同みなさまのご来院
お待ちしております!



2019年は 1月4日から営業いたします。
スタッフのスケジュールを掲載させていただきます。

2018.12.24

妊娠に向けて「子宮」の勉強を

ブログをみてくださっているみなさん
クリスマスをいかがお過ごしでしょうか?


現在、私は勉強中です!


勉強した知識を皆さんへのクリスマスプレゼントに、ご紹介いたします


今日は女性にとって大切な臓器、 子宮についてお話したいと思います。


女性なら髪やお肌の外見の変化も気になり、 お手入れもしていると思います。
では、 子宮のケアはいかがでしょうか?






子宮年齢は見た目じゃない
厚生労働省が発表した平成26年の調査によると、 第1子の女性の平均年齢は30.6歳
平成23年に初めて30歳を超えて(30.1歳) から毎年上昇しています。


実は34歳以下の妊婦さんは減っているのに、 35歳以上の妊婦さんは増えています。
35歳以上の初産は高齢出産ですが、最近のアラサー、 アラフォー女子は若々しくキレイですよね。
自分もまだ子供も産めるんじゃない? と思っている人も多いのではないでしょうか。




でも、 カラダ年齢は見た目では図れないのです。
最近は、婦人病や重い生理痛、なんとなく不調気味だったり… という悩みがある人も多いように思います。
妊活中で子宮に目を向けている人がいる一方で、 子宮に無頓着な女性もたくさんいます。






健康な子宮はふっくら軟らかなものですが、 厚い筋肉で出来ている子宮も肩こりのように凝り固まってしまうの です。




お腹の冷えは子宮のSOS
赤ちゃんを育てる子宮には、 栄養素を十分に送り届けるために多くの血管があり、 たくさんの血液が流れ込んでいるため、
お腹の上から触ってもポカポカ温かいはずなんです。
しかし、 当院に来られる患者さんの中でもお腹がひんやりとしている人が多 いように感じます。




冷えは血液がきちんと流れていない状態。
本来子宮にたくさんの血液が集まる排卵期から生理前でもお腹がひ んやりしていたら重症かもしれません。
 



重い生理痛や生理不順の原因は、冷えにあることも多いんです。
年齢を重ねれば子宮は老化でだんだん働きが衰えますが、 同じ年齢だから同じだけ老化するわけではありません。 
 



血行が悪くて硬く縮んだ子宮と、 きちんと血液が流れているふかふかの子宮では、 その働きぶりが全然違います。
妊娠出産や生理をつらいものにしているのも、 血行の悪さが子宮の働きを妨げているからかもしれません。
そして、この血行の悪さ(=冷え) は子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人病の原因にもなるんです。
 


ひんやりしたお腹は子宮からのSOS信号かもしれません。
 
 


ふんわり子宮は女性を美しくする
健康な女性のカラダは、 自律神経女性ホルモンのバランスによって日々変化を繰り返して います。
例えば生理前はむくんだり、肌が荒れやすくなったりしませんか? 
 


女性のカラダは生理周期に沿ってホルモンが変化し、 カラダに影響を及ぼします。  
生理中は中身を絞り出すように収縮し、排卵期は卵胞ホルモン( エストロゲン)の影響で厚く軟らかい。 
子宮が柔軟に変化できないと、 赤ちゃんに心地よいベッドは用意できませんし、 生理のサイクルにもうまく対応できません。



子宮をふんわり軟らかい状態にしておく事は、妊娠はもちろん、 毎月の生理に苦しまないためにも大切です。 
その上、 子宮がカチカチに固まっていると、 お腹は冷えて筋肉が付きにくくなり、 筋力が弱いために下腹部がポッコリなんてことも…。
子宮のコリが生理の苦しみやスタイルにも影響するなんて無視でき ないですね
 
 


子宮を元気にする3ヵ条
 


①楽しいことをする
子宮は女性ホルモンと自律神経でコントロールされていますが、 楽しく充実している時は脳からドーパミンが出て、 女性ホルモンのバランスを整えてくれます。また幸せー、 癒されるーという時はセロトニンが出て、自律神経が整います。 ですから楽しい、 幸せと感じているときは子宮も幸せを感じているんです。自分が「 楽しいなー」と感じることをしてください。
 


②気持ちがいいことをする
 お風呂にゆっくり浸かったり、温かな布団で眠ったり、 マッサージを受けたり。気持ちいいなーとリラックスすると、 子宮も一緒にリラックス。 骨盤がフワーっと開いて、子宮もふんわり軟らかくなります。 カラダにいいことをしたいなら、運動でも休息でも食事でも、 自分が気持ちいいと感じることをするのが一番です。「 気持ちいい」という感覚は、 今カラダが何を求めているかを教えてくれるサインです。 カラダの声を聞いて、今の自分のカラダにいいことをすると、 心もカラダもリラックスできますよ。
 


③少しだけ毒を与えること
カラダの声を聞いていると、今日はハンバーガーを食べたいとか、 お酒を飲んで遊びたいと望む声が聞こえる事があります。 そんな時は健康やダイエット、 妊活に四角四面にならずにちょっとだけ寄り道を。 「正しく一直線!」だと骨盤は閉まってしまいますが、 脇道にちらりと目をやる感覚はなぜかカラダが開き、 子宮も軟らかくなるんです。ちょっとだけ悪口を言ってみたり、 ご主人や彼に内緒でイケメン俳優にときめいたり。 女性は生活に少々スパイスをあげると、 緊張感が取れて骨盤もフワッと開き、 子宮がイキイキとしてくるんです。大切なのは、今の道から" ちょっとだけ"脇道に外れて視野を広げてみる感覚です。 ずーっと外れてしまったら、それは脇道とはいえませんが…。
 




子宮のお仕事は出産だけではありません。 カチカチになった子宮コリの状態では、出産どころか、
女性の美しさや健康、そして心にも悪影響を及ぼします。 子宮に目を向けて、カラダの中心からキレイになりましょう!
 

不妊鍼灸やってみませんか?


鍼灸治療は気持ちいい


鍼灸サロンRiccaの鍼治療は、 まったく痛くない優しい刺激です。鍼を皮膚にあてるだけで、 一瞬にして体は変化していきます。 適切なツボに刺激を加えることで、 体の変化を感じながら受けられる優しい治療です。ぜひ、 子宮活に鍼灸治療を取り入れてみませんか?


しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
 
鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
 
鍼灸サロンRicca facebook

2018.12.16

鍼灸師にとっても、妊活にも働き方は重要

先日から、学生の求人エントリーを積極的に募集していました。
鍼灸学生の求人活動が盛んなのは、3年生在学時の6月から9月ぐらいがほとんどで、
年末、年始になると多くの学生は就職先が決まっているとのこと。
同業者が、どんな働き方をしているのか?
興味があったので、面接にきてくれた学生皆さんに、どんな就職先があるか?
聞いてみました。




当院は、不妊症のお悩みで通院されている方がほとんど。
働きながら病院に通っている人が、特に夜遅くまで働かれているかたが多く、
帰宅するのが12時近くなる人も!





食事や睡眠、規則正しい生活習慣は、生理周期やホルモンバランスを整えるための大切なポイント。
仕事については、通院のために休みをとりがちになり、普段の業務は夜遅くまでということに。


これから鍼灸師として働く女性も、結婚、出産、いろいろな人生の選択をしていくと思います。
女性の笑顔と元気を応援する職場で、働くスタッフの生活も大切です。



生活習慣が乱れることでのカラダの不調を、施術するスタッフがもっていれば、正しい妊活の知識を伝え、
カラダをケアすることもおろそかになってしまうと思います。
鍼灸師として、知識を深め、経験をつみ、皆さんを笑顔にする施術ができるようになるために、練習、学習は必要なもの!
どのようなスケジュールで研修をしていくか!




働いてもらう私たちが、しっかり考えていかなくてはいけません!



就活のポイント   ぜひ、参考にしてみてください!



学生用求人エントリー の詳細についてこちらのサイトからご覧ください!

不妊鍼灸|鍼灸サロンRicca|東京

Page Top