不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • Riccaについて
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問

子宮内膜症について

子宮内膜症は、疼痛、不妊、チョコレート嚢胞などの症状を訴えるときに治療の必要性があります。チョコレート嚢胞等の病変がある場合、手術が選択される場合もありますが、疼痛や不妊症の場合、薬物療法で経過観察しながら、手術の必要性を判断していくようです。

子宮内膜症の手術 不妊・妊娠・出産への影響の可能性

性交痛、排便痛、慢性骨盤痛などを訴える場合や、薬物療法が無効な場合、手術を選択し、その後積極的に不妊治療に望むかたちになりますが、年齢や手術によるリスクを考慮して、早めに医師と今後の治療方針を決めていくことが大切です。

子宮内膜症による妊孕性の低下


子宮内膜症は慢性炎症性疾患と考えられ、骨盤痛、腫瘍を合併することがあり、骨盤内臓の変位や癒着を子宮内膜症が引き起こし、不妊の原因にもなります。

健康的なご夫婦が1回の成功で妊娠する確率は、15から20%ぐらいですが、子宮内膜症があると2から10%に低下する報告もでています。

子宮内膜症による不妊症を引き起こす因子
・癒着による骨盤内臓の変位
・炎症によう骨盤、卵子、精子の機能低下
・排卵障害
・着床障害

子宮内膜症の鍼灸治療


子宮内膜症も子宮筋腫と同様に原因は、「瘀血(おけつ)」がカラダにたまり、 血の流れが滞り、子宮の血液循環が悪くなり、栄養がいきにくい状態ができています。

その結果、妊娠・出産などの生殖能力に関わる腎の力が弱くなっていると考えられます。

また、子宮・卵巣の働きには脾臓が深く関わっているといわれ、冷えや胃の不調も併発していることが多くみられます。

そのため、良い卵子も作られにくくなります。

鍼灸治療では、女性ホルモンを整える治療を中心に、特に月経期によくカラダを温めて血の滞りを促し、瘀血を排出して、体質の改善をしていきます。

子宮内膜症の鍼灸施術 症例報告

Q1・治療を受けるにあたり、どのようなことにお困りお悩みでしたか?

生理痛 不妊 腰の痛み 子宮内膜症

Q2・当治療院をどこでお知りになられましたか?

ホームページ しんきゅうコンパスというサイト

Q3・当治療院を知ったとき、あなたはすぐに来院されましたか?

数日迷ってお電話しました

Q4・当治療院にいこうと思った「決め手」は何ですか?

女性の先生だということ

HPの内容が詳し書いてあった

Q5・実際に治療を受けられていかがでしたか?

腰の痛みや重さがとれスッキリしました。
色々と親身に話を聞いていただき、気分が軽くなりました。

Q6・施術者へ一言

年齢的にも結果が出るかわかりませんが、こちらで体調が良くなって、妊娠につなげたいです。これからもよろしくお願いします。

鍼灸施術の内容

主症状である、痛みの緩和を中心に施術をしていきました。

痛みの出方として、カラダを動かしたときよりも、じっとしているときに何となく痛みや
違和感を感じるとのこと。

鍼灸治療

筋肉などの軟部組織からくる痛みではなく、ホルモン。自律神経を調整しながら
痛みの軽減を図かるように施術!

生理がおくれがちで、生理痛も強く、足の冷えも感じること。

下肢中心にお灸を加えながら、血行改善もはかるようにしていく。

通院2回目から、腰の痛みもなくなり、1週間後に来た生理痛もいつもより軽かったとのこと。

現在、クリニックと相談しながら体外受精の準備をしているとのことなので、クリニックの不妊治療のスケジュールと
調整しながら、鍼灸も続けていきたいとのこと

不妊鍼灸やってみませんか?

不妊とは? 不妊の原因 不妊症の鍼灸治療
不妊治療Q&A 不妊カウンセラー 不妊と冷え
不妊とストレス 不妊と頭痛 男性不妊
安産灸 逆子(骨盤位) 不育症
二人目不妊 不妊と貧血 不妊と甲状腺機能
産前産後ケア 鍼灸の科学的根拠 不妊症とお灸

 

 

Page Top