不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問

新着情報

2017.04.21

生理痛みと鍼灸治療について

 女性の中には、学生の頃から生理痛に悩んでいる人が少なくありません。

生理痛みは、軽い人もいれば、重い人もいます。
重い人の場合、学校や会社を休むほど症状が重いケースもあります。
日常生活に支障が出るほど症状が重いものを、月経困難症と呼んでいます。

生理中に出てくる代表的な症状は、下腹部痛や腰痛などがありますが、吐き気や下痢、頭痛、食欲不振などの症状が同時に出てくる人もいます。
生理痛が気になる場合は、まず婦人科を受診することが大事です。
最近は、生理痛の改善のために、鍼灸治療を受ける女性も増えています。
鍼灸治療では、東洋医学に基づいて、問診などにより、生理痛の症状がどうして起こっているのかを読み取っていきます。

生理痛の解説と当院での治療について

一般的に、生理痛の様々な症状を改善していく治療と、生理痛を起きにくくする治療が行われます。
女性の生理機能は、ホルモンバランスによる影響を大きく受けています。
そのため、女性の心身は、生理周期のリズムによって左右されることが多いのです。
女性の体は、女性特有の構造を持っており、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンが、周期的なリズムを作り出しています。
生理痛の原因は、生理の時に子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されるからだと考えられています。
プロスタグランジンは、子宮の収縮を起こして不要になった子宮内膜を排出します。

しかし、何らかの原因によってプロスタグランジンが過剰に分泌されると、必要以上に子宮が収縮して痛みが引き起こされてしまうのです。
ストレスや冷えも、生理痛の原因となります。
冷えは、血液の流れを悪くするため、生理の時に子宮がより強く収縮して、痛みが強くなるのです。
生理痛の鍼灸治療は、東洋医学に基づき、生理痛の状態や体質を問診で聞き、総合的に生理痛の原因を探って治療を行っていきます。
東洋医学では、生理の中心は血と気の働きです。

ですから、血と気の調整を中心に、鍼や灸の治療を行います。

 

 

Page Top