不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
症状ノート

むくみ

むくみとは、体の余分な水分が皮膚の下に溜まっている状態です

体にむくみが起きるという事は、体内水分のコントロールがうまくできていないと言う事です。

 

では余分な水分とは?もともと体の約60%は、水です。

その中の水で間質液と呼ばれる体重の15%に相当する水分があります。

むくみは、この間質液(リンパ液)が増える事で、体重の15%以上に及ぶ水分がコントロール不能に
なっている状態です。

 

間質液(リンパ液)は、筋肉の動きや、血管の圧力、呼吸運動などによって運ばれています。

この流れは、疲労、寒さ、ストレスなどに影響を受け易く流れが滞りがちです。

間質液(リンパ液)がリンパ管に入り正常に代謝されないと、余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰にたまってしまいます。

 

この状態が『むくみ』です。


東洋医学からみた「むくみ」

東洋医学ではむくみのことを「水毒(すいどく)」「痰湿(たんしつ)」といいます。
主に水分代謝に関わる臓器として「」「」「」があります。

」・・汗の調節を行なう。不必要になった水分は、腎へ送られる。
」・・食べた食物の中から、必要な水分の吸収と輸送を行なう。
」・・水分代謝全般を調節し、主導的な役割を担っている。

これらの機能が障害されると、膀胱の働きも低下し水分を排出できなくなるため、むくみが起こります。
脾は生痰の源、肺は貯痰の器」という言葉があります。
痰が作られるのは主として脾です。これは脾の機能が弱い人は痰を作りやすく食べ物の内容によって
痰ができやすいという意味です。

又、肺は痰を蓄える臓器という意味です。冷たい物の取りすぎで食道の後ろにある肺が冷えることも
痰の原因となります。

むくみの鍼灸治療

東洋医学のみかたから、肺、腎、脾の機能を高めるように治療していきます。

 

むくみの治療で大切なのが、ふくらはぎのハリです。

ふくらはぎが硬くなっているのは、むくみがとれにくい状態です。

鍼をすることで、この硬さはすぐにとれます。

 

お顔のむくみが気になる人は、美容鍼で直接お顔を刺激する治療方法もあります。


他にもこんな症状に効果的です!
むくみパーキンソン病
眼精疲労冷え性頭痛
胃腸症状(胃もたれ、胃の不快感)男性不妊月経前症候群(PMS)
更年期障害便秘不眠
風邪不妊治療
花粉症
Page Top