不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
症状ノート

風邪(かぜ)について

正式には「風邪(かぜ)症候群」といって、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称です。ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ鼻水鼻づまりのどの痛みたん発熱といった症状が起こります。

 

風邪の原因

寒い季節にかかる風邪は、エアコンなどの暖房機器が普及した結果、室内の過剰な乾燥状態が起こることが原因です。呼吸器系の入口である鼻や喉の粘膜が十分に潤っていれば、ウイルスや細菌などに対する抵抗力があります。しかし、室内の湿度が下がり乾燥状態が続くと、粘膜も乾き感染しやすくなります。

この事が風邪やインフルエンザなどを増やす原因につながります。

また、暑くて湿度の高い日本の夏は、食欲不振による免疫力低下、クーラーのかけ過ぎなどによって体調を崩しやすくなり、風を引きやすい体内環境が整ってしまいます。夏風邪は冬よりタチが悪いと言われています。

東洋医学における風邪

病気には、体の機能が低下して起こるものと、悪いもの(病邪)が外から侵入して起こるものとがあります。

かぜは、体の外に原因がある病気の代表格で、体に吹き込むすきま風のような「風邪(ふうじゃ)」がおもな原因です。体に侵入した病邪と体の抵抗力(正気)との闘いが、かぜの様々な症状です。

 かぜのタイプと鍼灸治療

寒気が強い(風寒) 

寒いときに起こりやすく、熱があっても寒気が強い。水っぽい鼻水や、白くて薄い痰がでる。

おもに背中の毛穴から、風邪(ふうじゃ)と寒邪(かんじゃ)が侵入して起こる。

治療:風邪が出入りする風門に鍼やお灸をして温め、邪気を追い出します。また、咳が出るときは、肺機能を整える治療をします。

熱感が強い(風熱)  

のどが腫れて痛み、のどが渇く。顔が赤くなり、粘っこい痰がでる。鼻やのどから、風邪と火邪(火熱の邪)が侵入して起こる。

治療:火熱の邪を発散させ、熱をとる治療や、肺の機能を整えて熱を冷ます合谷や、のどの痛みを和らげる魚際というツボも効果的です。

下痢や吐き気がある(暑湿) 

下痢や嘔吐など、胃腸の症状がでる。全身がだるく、頭が重い。湿邪が胃腸にとりついて機能を低下させる。

治療:胃腸の症状を鎮める治療をします。吐き気があるときは内関、熱っぽいときには合谷のツボを使って治療をします。

様々な症状をみて、ひとりひとりにあった治療をしていきます。


他にもこんな症状に効果的です!
むくみ パーキンソン病
眼精疲労 冷え性 頭痛
胃腸症状(胃もたれ、胃の不快感) 男性不妊 月経前症候群(PMS)
更年期障害 不眠 便秘
風邪 不妊治療
Page Top