不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
症状ノート

眼精疲労

眼精疲労はパソコン、テレビ、読書など目を酷使することによって起きると考えられています

症状の軽い人は、目の疲れ、かすみ、充血するなど一過性のもので治まるものがほとんどです。
しかし、眼精疲労が慢性的に続くと目だけでなく、全身に悪影響を及ぼしていきます

もともと、目は心臓から脳に行く動脈が枝分かれし、血液で栄養されているのです

その結果目の症状に加え、頭痛、おもだるさ、首 肩のこり、まぶたの痙攣、食欲不振、便秘、吐き気、めまい、全身の疲労感など、さまざまな症状が現れます

この状態が続くことで、イライラ、不眠、不安、うつ、といった精神的な症状がでる場合もあります。

 

東洋医学における眼精疲労

東洋医学では、「肝は目に開く」、「目は心の使なり」、「目は五臓六腑の精なり」と、
目と内臓関係は重要視されています
また、肝臓、筋肉、目は密接に関係しています。

目と筋肉は関係ないと思う人もいるかもしれませんが、目のなかでピントを合わせる作業をするのは、毛様体筋という筋肉の働きです。筋肉の疲労は、目に影響を与えます。
肝臓と目の関係も重要で、肝臓が良く働けば、栄養を供給されている筋肉や目も疲れずに良い状態を保つことにつながります

眼精疲労の鍼灸治療

治療法は肝臓の働きを整え内臓の働きを充実させます。
これらの臓腑が元気になれば、関連する目や筋肉は自然に元気になるのです。
それから「目」に関連するツボに鍼をして、目の周囲の圧痛やむくみ、疲労を取り除いていきます。

 

他にもこんな症状に効果的です!
むくみ パーキンソン病
眼精疲労 冷え性 頭痛
胃腸症状(胃もたれ、胃の不快感) 男性不妊 月経前症候群(PMS)
更年期障害 不眠 便秘
風邪 不妊治療
Page Top