不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
スタッフ紹介

鍼灸サロンRiccaのスタッフ紹介

代表 藪崎 淳 Atsushi Yabuzaki  プロフィール

子供の頃、私は小児ぜんそくで、学校を休むことが多かったです。

友達と遊べない、勉強はおくれる、小学生の頃は眠れない夜が多かったと思います。

そんな時、父親が鍼灸の資格をとり、私の治療をしてくれました。

子供心に鍼は「痛そう」「怖い」と嫌がった記憶がありますが、はじめてから私の喘息は良くなり、元気に学校へ行ける日が増え、小学5年生のときには皆勤賞で表彰されました。

健康な体は、生活をハッピーにして笑顔になる。このころから、将来私は父親と同じ鍼灸師になり、人を笑顔にする仕事をしようと卒業アルバムに書くようになりました。

日本で唯一の専門大学、明治鍼灸大学(現、明治国際医療大学)へ入学

資格をとるなら、いいところで。当時、日本で唯一、大学で鍼灸を勉強できる学校は京都の山奥にありました。

はじめての一人暮らし、義務教育ではない自由な時間ができ、勉強よりも思い出作りに励んでいたと思います。

テストは追試がほとんどで、けして優秀な学生ではありませんでした。当時、追試には1科目につき2000円の代金がかかり、私は毎回2万円近いお金を学校に寄付していました。

あほらしい出費だと、反省しております。

そんな私も、なんとか鍼灸師になり、無事に卒業することができました。東京に戻り、はじめてプロとして患者さんに治療をすることに期待と不安でいっぱいでした。はじめて治療をしたのが、19歳のサッカーで腰を痛めた男性、治療後、「楽になりました。」と言われたとき、嬉しいよりも、「ほんとかな?」と自分の技術に自信が持てなかったのを覚えています。

そこからは、心をいれかえ勉強モード。筋肉や骨のことをもっと知ろうと「柔道整復師」の資格を取り、心の勉強が必要だと「精神保健福祉士」の資格をとり、

薬の知識も必要だと「登録販売者」の資格をとり、患者さんを治して、笑顔になってもらおうと勉強しました。28歳で、自宅で開業していた父の治療院を手伝うようになり、忙しくも充実した毎日を送っていました。

結婚、群馬へ

32歳、私は大学の後輩でもある妻と結婚しました。当時、妻は群馬で一人で女性専用の鍼灸院を開業していたこと、

義母が脳の病気になり、家族のサポートが必要だったこともあり、私が群馬に行くことになりました。

群馬にいった当初の私は専業主夫!仕事で忙しい妻のサポートが日々の仕事です。大学時代の一人暮らしの経験で食事・洗濯・掃除は苦になりませんでした。ただ、「男として、仕事をしてお金を稼がなくては。」というプライドもあったので、妻が仕事が終わってからの夜の時間で、自分も治療をはじめました。そこから、新しい分野への挑戦が始まります。

不妊治療を希望して

女性専用の鍼灸院として開業した妻のもとには、しわやたるみをなくしたい、生理痛がひどい等、女性ならではの症状を訴えてくる人がたくさんいました。中でも、子供が欲しいと、不妊症で来院される方が一番多かったです。子供を授かりたいと鍼灸を希望される方が、こんなにたくさんいるのだと驚かされました。

いつの間にか、妻の鍼灸院は「不妊治療」での来院が8割になりました。

男性不妊治療との出会い

不妊の原因の半分は男性にあります。通院されている方から、主人の精子が少ないと相談があり、夫の治療もお願いしたいと依頼がありました。

「男性不妊って何だろう?」、まずそこからスタートです。男の人が不妊治療というのは、自分もあまりイメージがなく、専門書も読んだことがないので、勉強する時間が必要でした。本屋さん、インターネットで情報収集をしようとしましたが、専門書が少ない、専門家が少ない、どうしよう!

依頼は受けたけど、いい効果がだせるのか不安が多かったです。結果として、その方はお子さんと幸せに暮らしていますが、私の治療が役にたてたかどうか?

ただ、とてもやりがいがある分野だと感じました。情報収集をしていた中で、男性不妊治療は具体的な病気の原因がない場合も多い。「本人の体を整えるようと漢方薬やサプリメントがよく使われる。」とわかりました。鍼灸も自身の自己回復力を高めて、病気を克服する治療をします。男性不妊で悩む方の力になれるはずだと思いました。

不妊カウンセラーを取得し、男性不妊の勉強会をしている病院に行き、知識を深めていきました。実際患者さんからもたくさんのご依頼をいただき、治療の経験と喜びの声をたくさんいただくようになりました。

鍼灸サロンRiccaが都内初の男性専用不妊カウンセリングルーム開設:産経関西(産経新聞大阪本社情報サイト)

東京へ、分院開業。

結婚3年目、妻が妊娠。ぱぱになりました。義母がまだ体調も悪く、子育てとの両立も考え、東京に戻ることになりました。それに同時に、東京にも分院を開業、群馬の治療院はスタッフにまかせ、週二回、私が群馬と東京を行き来するようになりました。2015年8月に鍼灸サロンRicca白金を開院、男女の治療室をフロアでわけた治療院にしました。

「不妊治療を中心に未来のぱぱままを応援していく治療院へ!」。不妊カウンセラー、鍼灸師として、男性の不妊治療に対する悩みをきき、出産・子育てにむけて男性が準備できる環境を一緒につくっていきます。

鍼灸サロンRiccaに来ていただいた、みなさんがパパになり子育てを楽しめるようこれからも日々研鑽を忘れずに、スタッフ一同、常にレベルアップを目指しながら施術にあたらせていただきます。

長々と、私のプロフィールにお付き合いいただきありがとうございます。

皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。

Page Top