不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
不妊治療
不妊とは? 不妊の原因 不妊症の鍼灸治療
不妊鍼灸Q&A 不妊カウンセラー 不妊と冷え
不妊と頭痛 不妊とストレス 男性不妊
安産灸 逆子(骨盤位) 不育症
二人目不妊 鍼灸の科学的根拠 不妊症とお灸

逆子とは?

逆子とは、子宮の中で赤ちゃんの頭が上で、おしりや足が下になっている状態です。

妊娠中の20%くらいは、一度は逆子になるそうです。逆子のままお産を迎える妊婦は、5%くらいと言われています。逆子を元に戻すには体操、足のつぼのお灸や冷えをとるなどの方法があります。

逆子になる原因

子宮そのものが奇形、狭骨盤や子宮筋腫、子宮口付近に胎盤があったりすると逆子になるとも言われますが、ほとんどが偶然になるようです。また、冷え・過労・ストレスなども誘因と考えられています。

保温休息を心がけることが大切です。

逆子の治療

逆子の治療は、赤ちゃんが大きくなり過ぎると回るのが難しくなってきます。

妊娠28週過ぎていれば、早ければ早いほど良いでしょう。

逆子のツボ

三陰交(さんいんこう)

足の内側にあり、内くるぶしの上から指幅4本分の位置にあります。

三陰交取穴画像
三陰交 画像

赤いしるしの場所が「三陰交」です。

写真のように、内くるぶしに指をあてると見つけやすいです。

至陰(しいん)

足の小指にあるツボです。

Page Top