不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • Riccaについて
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
不妊治療
不妊とは? 不妊の原因 不妊症の鍼灸治療
不妊鍼灸Q&A 不妊カウンセラー 不妊と冷え
不妊と頭痛 不妊とストレス 男性不妊
安産灸 逆子(骨盤位) 不育症
二人目不妊 鍼灸の科学的根拠 不妊症とお灸

不妊鍼灸Q&A

タイミング法 人工授精 体外受精

体外受精はどんな方法ですか?

体外受精は、精子、卵子を体外に取り出し、培精を加え、受精卵(胚)の培養を数日間行い、子宮に胚を戻す方法です。

体外受精のポイントは?

通常、卵管でおこる受精を体外でできるようにしたもので、卵管に不妊の原因があるものや男性不妊などの原因に対処できる可能性が高くあります。

体外受精の欠点は?

卵子の質が劣化してくる30代後半からの妊娠率は低下し、45歳以降の妊娠率はかなり低いとされています。また、回数が増えるほど妊娠率は低くなります。重症男性不妊の場合は、顕微授精に移行する場合もあります。また、保険適用がなく、回数を重ねるとかなり高い費用が必要になるデメリットがあります。

何歳まで可能ですか?

体外受精にかぎりませんが、40代になると妊娠率はかなり低下するといわれており、40~45歳以上になると流産率もあがり、妊娠する可能性は1桁ぐらいという見解があります。

体外受精にステップアップする時期は?

不妊原因を特定することが大切です。女性の場合、卵管閉鎖があること、男性の場合、精液検査所見が不良の場合、早めに体外受精にステップアップする必要がでてきます。高齢出産の場合、大きな原因がなくても、人工授精を3周期行い、結果がでなければ体外受精にステップアップすることも増えています。

不妊鍼灸患者様の声01

Page Top