不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
不妊治療

男性不妊の漢方薬

男性不妊の原因 治療について 鍼灸治療について
検査について 乏精子症 ED(勃起障害)
ご相談について 疑問・質問 精子の質
漢方薬

漢方薬(代表例)

不妊に効果があるとされる漢方薬は、男性女性ともに症状の改善が見られたというデータもあり、ホルモン剤等の西洋薬と併用することで、お互いの作用を高める使い方もできます。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

体力低下や疲労などによる造精能力の低下を改善する効果があります。特に疲れやすい人や体力があまりない人に有効で、精巣上体のタンパク合成機能を向上させる作用があります。そのため、運動率の高い精子を増や受精率を高める効果が期待できます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

男性のなかでも体が冷えやすい人に処方されるもので、造精機能を高める働きがあります。主に、軽度の乏精子症等の場合に大変効果がみられ、服用することで精子の数が増えて精子濃度が上がるため受精率も高くなります。また、夜間頻尿などの症状改善にも効果があります。

桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

精索静脈瘤ができやすい体質の人に効果的で、血流の改善効果が高い漢方薬です。
精索静脈瘤が検査で見つかった場合には、桂枝茯苓丸の服用を治療に取り入れると西洋薬を使った治療の効果もあがります。

Page Top