不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
不妊治療

男性不妊の原因

男性不妊の原因 治療について 鍼灸治療について
検査について 乏精子症 ED(勃起障害)
ご相談について 疑問・質問

男性不妊の検査

不妊の原因を見つけるためには、精子の状態を知る必要があります。

検査は精液検査と、泌尿器科的な検査に分けられます。

精液検査(精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無)
精液量  1.5ml以上
精子濃度 1500万/ml以上
総精子数 3900万/射精以上
前進運動率 32%以上
総運動率 40%以上
正常精子形態率 4%以上
白血球数 100万/ml未満

精液検査結果は射精の条件によってかなり大きく異なります。

早朝(仕事に出かける前)は射精の完成度が低く精液検査の結果は悪くなります。

仕事が終わってからや、休みの日に起きて十分に時間がたっているときの精液検査の結果は良好になります。

体調やストレス、薬を飲んでいることにより、一時的な異常などが多く見られることもあります。
また精子を作るには、通常70日強の期間を要するため、複数回の慎重な検査及び診察が必要です。
正しい検査結果から、男性不妊治療は始まります。
東京の鍼灸サロンRiccaにパパになるためのお手伝いをさせてください。

泌尿器科的検査

精液検査で異常を認めた場合に行います。

①診察

②内分泌検査(ホルモン検査)

③染色体・遺伝子検査

④特殊な検査(MRI等)

Page Top