不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
ブログ

Riccaブログ

東京都港区白金、鍼灸サロンRiccaは女性鍼灸師による女性専用、はりきゅう専門の治療院です。ご夫婦の不妊治療、婦人科疾患、自律神経失調症、美容鍼灸のご希望の方、ご来院お待ちして

2017.12.07

世代間でかわる不妊治療の積極性

 男性不妊担当の藪崎です

最近、男性の患者さんと話しているときに気になった話題があったのでご紹介
若い子は、不妊治療に積極的ですね。
(若い子というと、30歳前半くらい)



病院では、不妊治療の勉強会を定期的に開催しているところがあります。
そういうところにでかけると、若いご夫婦が目立つとのことです。


確かに、年代によって治療に対する積極性は違うと感じています。
当院に通院されている方でも、40歳前後の人は奥様がご主人の予約をしていくパターンが多く、



30歳前後の人は、ご自身で予約を入れる場合
が多いです。
40歳と30歳の10年で、不妊治療に対する認識が変わりつつあるのがよくわかります。

現在放送されている「コウノドリ」でも不妊治療が話題になったり、学校の教科書にも「不妊治療」が掲載されたり、
不妊を考えられる環境が広がっていると思います。

40歳の年代は不妊はまだまだはなしづらい部分もあり、治療には協力するけど、積極性には若干かける部分もあるように思っていました。


ただ、自身よりも若い世代が不妊治療に積極的な姿をみると、「自分ももっとがんばろうと」勇気をもらえたと話されている患者さんがいました。



パソコンや本から知識をえることも大切ですが、勉強会などに参加して、同じ悩みをどんな人が抱えて、どういう取り組みをしているか?


実際に見て、肌で感じることも治療をすすめていくうえで大切だと感じました。
これから検査を受けるという方、治療を始めるという方、治療に悩んでいる方は、勉強会に参加することも方法の一つですね。

不妊鍼灸|男性不妊

Page Top