不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • Riccaについて
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
ブログ

Riccaブログ

2018.08.06

女性ホルモンと血液循環の関係

血行が悪いと、様々な病気を引き起こすと言われていますが、不妊症もその一つです

ホルモンは血液に運ばれて、卵巣、子宮等、目的の器官に運ばれて行きますが、血行が悪いと各器官にホルモンが運ばれません。
例えば、FSH(卵胞刺激ホルモン)は脳の下垂体から分泌され、卵胞を成熟させる働きがあります。
血行が悪いと、FSHが卵巣に運ばれず、卵胞の発育をそがいしてしまいます。


また、排卵のときには、血管新生といって新しい血管がどんどんできていきます。卵巣内の毛細血管が増えると卵胞に十部なFSHが行きやすくなり、質のいい卵を作ってくれます。黄体発育が良好であればプロゲステロン(黄体ホルモン)がしっかり届いて、受精卵にとって最適な環境になります。この血管新生を起こすためには血行が良いことが大切です。

血行を良くするためには、色々な方法がありますが、鍼灸サロンRiccaでは「セルフ灸」をお勧めします。


お灸は熱で、体のツボを刺激して、血の流れをよくし、体をあたためます。 そして、ヒトの体が本来持っている自然治癒力を高めることで、血管新生を促し、卵巣や子宮に妊娠のための環境づくりをしていきます。
また、お灸をしている時間は副交感神経が刺激され、体がリラックスした状態になります。仕事や不妊治療のストレスで疲れた体を休められるひと時です

妊娠、出産、生まれてくる子供が元気に過ごせるよう、血行をよくし、体に栄養をしっかり届けてあげてください

 

セルフ灸

ツボの場所に、1~3壮のお灸をしてください!

食事、お風呂から30分は、時間をあけてください!

「熱い」よりも、「温かい」お灸をしてあげてください!

不妊鍼灸やってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Page Top