不妊鍼灸は東京・白金のRicca

  • アクセス
  • お問い合わせ
白金高輪駅 徒歩1分03-3445-1189
  • Riccaについて
  • 不妊鍼灸の鍼灸サロン Ricca
  • はじめての方へ
  • スタッフ
  • 施術メニュー
  • 料金について
  • よくあるご質問
ブログ

Riccaブログ

2017.09.01

検査からはじまる不妊治療!

 ブログをみてくださっているみなさん、こんにちは。Ricca白金店スタッフの池田です

9月早々に台風が来てるようですね。気温の変化と気圧の変化で不調を感じる人も多いと思いますが、体調管理をしっかりとしましょうね。

さて、不妊治療をすると決めてクリニックに行くと、まず検査からはじまります。
検査では、妊娠を妨げている原因を、男性なら精液検査から、女性なら月経周期に合わせて必要な血液検査、超音波検査などから調べることになります。


検査を知るには、まず月経、月経周期から
月経周期は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分けることができ、それぞれに特有のホルモン活動があります。



卵胞期の検査

・卵管造影検査
造影剤を経膣より注入し、レントゲン撮影、または超音波診断装置で卵管の通過性を確認するものです。
卵管が詰まっていたりすると、痛みを感じる人もいるようです。
この検査後は卵管の狭窄が改善され、半年間は妊娠しやすくなるとも言われています。
 
・超音波測定
 卵胞後期から排卵まで行う検査で、主に卵胞の大きさを測定するために行います。排卵頃には、子宮内膜の厚さなども確認します。


・頚管粘膜検査
排卵期が近づくと頚管粘液の性状が変化し、精子の進入を容易するため、この変化を捉えるために確認をします。



排卵期の検査

・ホルモン検査(E2、LH)
 E2(エストロゲン)は、卵子の成熟度を推測できるものです。
LHサージから約36時間後に排卵が起こると言われていることから値を調べ排卵予測をします。

・ヒューナーテスト
精子が頚管粘液中にどれくらい存在しているか、進入しているかを確認。精子の運動性や頚管粘液との相性などを確認します。精子抗体のスクリーニング検査として行います。

・超音波測定



黄体期の検査

・ホルモン検査(P4、E2)
 P4(プロゲステロン)は、排卵後の卵胞が黄体化することにより分泌されます。妊娠成立、維持のために欠かせないホルモンで、この値が低い場合は妊娠維持が難しいと考えられます。
P4とともにE2も高くなるため、バランスを診ます。



月経期の検査

・ホルモン検査(FSH、LH)
月経3~5日目頃までに行う検査。
 卵巣機能が低下してくると、FSH、LHの値ともに高くなっていきます。



いつでも可能な検査

・子宮がん検査
とくに頚がんの検査をします。


・クラミジア抗原抗体検査
クラミジアの感染によって卵管閉塞、狭窄することがあり、検査結果によっては服薬治療が必要になります。この場合、夫婦での治療が必要です。


・抗精子抗体検査
ヒューナーテストの結果が何度も悪かった場合にします。抗原がある場合は、体外授精が適応になることが多くあります。


・AMH検査(アンチミュラー管ホルモン)
卵巣予備能、卵巣に残っている卵胞数を予測することができる検査です。


・プロラクチン検査
授乳期以外で高値を示す高プロラクチン血症などは、排卵障害や流産の原因となることがあります。



男性の検査

・精液検査
全精量、精子数、運動精子、形態異常精子数などを調べます。



このように不妊治療の検査はその時期によって可能な検査といつでも可能な検査があり、約1ヶ月かけて行っていきます。何時の時期に行ったらいいかを聞かれたりしますが、なるべく早く検査をすることをおすすめします。



不妊鍼灸やってみませんか?

当サロンには、クリニックで不妊治療を受けながら不妊鍼灸治療を受けられている患者様がみえられます。
 特に最近は、初診の時に数日後に移殖日が決まっているという方が多いように感じますが、体の細胞の入れ替わりは約3ヶ月かかるといわれています。


もちろんそれより前に妊娠される方もいますが、体の改善も少し余裕を持って受けていただけたらと思います。
検査を受けに行く時期と一緒に鍼灸治療もはじめてみませんか。

2017.08.28

体外受精の増加、不妊大国日本

 「体外受精」で生まれてくる赤ちゃんは、年々増えています

2014年までで、過去最多4.7万人が生まれ 累計43万1626人、初めて40万人突破したそうです。

日本産科婦人科学会の集計によると、2014年「39万3745件で、その結果4万7322人の子どもが生まれ、いずれも過去最多となった。」と報告されています。14年の総出生数は約100万3500人、約21人に1人が体外受精で生まれた子どもということになります。体外受精の件数は13年に比べて約2万5000件増加、出生数も約4700人増えています。

アメリカで、ジャネットジャクソンさんが50歳で出産するなど、世界でも出産にかんするニュースはとりあげられています。
では、日本は世界と比べてどんな状況でしょうか?

日本は「体外受精の件数が世界で最も多い国!。」

実施件数の多さに比べて、体外受精での出産率の低さ、つまり成功率が低いなどの問題が指摘されています。他国と較べて際立っているのは、治療件数の多さ。こんなにたくさんの体外受精が行われている国はめずらしいという声もあるそうです。

「国際生殖補助医療監視委員会」が発表したレポートでは、「日本は、医療先進国でありながら、不妊治療の成績がよくない。」と記載されているそうです。* International Committee Monitoring Assisted Reproductive Technologies:ICMART(体外受精、顕微受精が適切に実施されることを目的に世界各国の治療成績をモニタリングしている組織)

1回の採卵あたりでは6.2%と世界最低。

世界平均20.1%のわずか3分の1しかない。

なぜ、日本の体外受精は成功率が低いのか?

大きな要因としては、

「高齢妊娠の増加」

「安全性の高い治療」

という2点があげられると思います。

日本の体外受精は40代女性の治療が約3割を占めており、世界的にも高い水準です。

晩婚化、加齢による不妊に悩む女性が増えていることが増加の要因とみられています。

もう一つは、「安全性を重視」している点だと考えられます。

体外受精の問題点に「多胎」があげられます。

卵を戻す数の基準に国ごとのガイドラインの違いがあり、母体のリスク(死亡率)を考慮する日本は

多胎にならない注意をしながら治療をすすめていきます。

成功率をあげることも大切ですが、「生まれてきた赤ちゃんが健康に、毎日をおくれるように」
命のバトンをつなげていくことが大切だと思います。

そのために、私達も鍼灸で皆さんの健康をサポートさせていただきたいと思います。

出典: http://wotopi.jp 

出典: http://wotopi.jp 

2017.08.25

眼精疲労と子宮のケアで妊活を

ブログを見てくださっているみなさん、こんにちは。Ricca白金店スタッフの池田です

また猛暑日に戻りましたね。気温差、湿度で体調を崩さないようにしてくださいね



さて、仕事で一日中パソコンに向かい、仕事以外でも暇さえあればスマホを見ているといった生活をされている方も多いのではないかと思います。妊活や不妊治療中の人も治療やなかなか結果が出ない不安から長時間スマホを見て目が疲れている…なんて話もよく聞きます。


現代病と言われている眼精疲労ですが、視力の低下だけではなく、頭痛や肩こり、さらには目の疲れがホルモンバランスや子宮の疲れに影響していることもあるんです。
今回、しんきゅうコンパス コラム でも 「眼精疲労と子宮の関係」について、紹介させていただきます。
目の症状は、内臓との関係、特に肝臓や腎臓、生殖器との結びつきが深いものです。



目は内臓から

東洋医学では、「肝は目に竅を開く」といい肝の具合は目に表れるとしています。 さらに「肝は腎に養われる」といわれており、目を治すには「肝」+「腎」の強化がたいせつだと考えられています。
肝は血を蓄える働きがあり、肝に充分に血液が蓄えられていれば目が正常に機能します。


逆に肝の血液が不足すると、目のショボショボ、乾燥、カスミなどがでてきます。=「肝血虚(かんけっきょ)」といいます。



女性は、月経があるゆえ、血液を失いやすい体です。肝の血液が不足すると、月経の時期に目の乾燥やかすみなどの症状が強くなるおそれがあるので注意です。
肝臓の働きを助けるツボ




鍼灸サロンRiccaに通院中の方には、自宅で「お灸」をしていただいています
妊活中の方や、眼精疲労でお悩みの方は、「太衝」のツボを使ってお灸をしてみてください

ツボのとり方、お灸のやり方など、わからないことがあればお気軽にご相談ください。
TEL 03-3445-1189

安心のサポート体制

2017.08.23

EDと動脈硬化と不妊の関係

 日本の成人男性の4人に1人が抱えているといわれるED(勃起機能障害)「歳だからしょうがない」と考えていませんか?

EDは「血管の危険信号」、勃起は健康のバロメーターです。誠実に向き合っていかなくてはいけません。
ED(勃起障害)がある場合。血管の動脈硬化が進んでいる可能性が高い人が多いという報告があります。
足、首、心臓、ペニス、の血管の太さを比較すると、足は約8ミリ、首は約6ミリ、心臓は約4ミリ、ペニスの血管は約2ミリです。
ペニスが一番細くなっています。動脈硬化で血管が詰まる時、細いとこがさきに詰まっていきます。
通常、動脈硬化はかなり進行しないと症状が出にくいのですが、ED症状は血管の危険信号を知らせる数少ない初期症状の1つなのです。


東邦大学医学部泌尿器科学講座
リプロダクションセンター教授 医学博士 永尾 光一 先生(ながお・こういち)の報告によると
 
「心血管系疾患患者(男性)の死亡発生率」
「中高年のEDの原因としては、陰茎動脈の硬化で血流が悪くなることが大きい。
陰茎動脈は内径が1~2ミリで非常に細いため、いわば血管内のゴミによって詰まりやすいのです。

一方、心臓の冠状動脈は内径が3~4ミリあって、いくらか太い。その分、動脈硬化による疾患は遅く出ると考えられます。要は時間の問題。したがって『EDは将来の心血管系疾患の重要なマーカー』なのです。」
これを裏づける具体的な調査報告は数多くなされており、例えば心血管系疾患の自覚症状がないED患者ら(40~60代)
に負荷心電図検査を実施したところ、56%に異常が発見されたという。

 「さらに、中高年の方がEDを自覚すると、約2年半後には狭心症発作を起こすという予測データもあるのです」
 EDを放置する。それはかなり危険な選択だと認識したほうがいい。 と解説されています!
ED動脈硬化

不妊鍼灸|男性不妊

不妊治療中の男性にもED症状で悩まれている方は、たくさんいらっしゃいます。
なかなか子供ができないプレッシャーやストレスで、一時的に起こる場合や、症状が続いてしまう人も多いです。
前述した通り、EDは「血管の危険信号」、「健康状態を示すバロメーター」にもなります。
目をそらさず、しっかり治していかなくてはいけません。

不妊治療は、妊娠・出産がゴールではありません。生まれてきたわが子が、健康に笑顔で毎日を送れるようにすることがゴールです。
パパとなるあなたには、家族のために仕事や家事に忙しく楽しい日々が待っています。そのために、健康を保つことはパパの使命です。

わが子に出会うためにも、わが子を育てていくためにも、ED症状としっかりむきあっていきましょう。

鍼灸サロンRicca 男性不妊治療

東京都港区白金1-28-18-2

TEL 03-3445-1189

男性不妊カウンセラー 直通番号 070-6560-4594

鍼灸サロンRicca(リッカ) 基本情報
<メニュー>
トップ料金アクセス患者様の声不妊鍼灸男性不妊お灸教室

〒108-0072 東京都港区白金1-28-18Yビル2F   TEL 03-3445-1189
ホームページ http://ricca-shirogane.jp/

メディア掲載

男性不妊カウンセリング

2017.08.22

赤ちゃんが欲しい方へ 妊娠への近道

 みなさんこんにちは 院長の藪崎です

“子供は授かりもの”という言葉がありますね。
希望して必ずできるわけでもなく、希望してないのに出来てしまう場合もあります。
自分ではコントロールしきれない、奇跡的なことだから、神様が授ずけてくださったというのでしょう。

しかし、授かりものだから自然に任せて…とは言っていられないのです。

自然に任せているあなた!
もしかすると、奇跡のチャンスをみすみす逃しているかもしれません

女性のライフスタイルが変化し、平成23年度人口動態調査によると初産年齢30.4歳、東京都区部平均は32.2歳と年々高くなっています
そのため、40代での初産も増えています。

しかし、どんなに環境が変化しても妊娠出産の適齢期は、いつの時代もほとんど変わらず、20代がピークです
25歳前後の健康な男女が通常の性生活を送り、妊娠する確率は約30%程度ですが、1年以内に90%の女性は妊娠することになります。
ですから、「避妊をしていないのに1年間妊娠しない場合」専門病院を受診するタイミングと考えましょう

女性は35歳を過ぎると、卵巣の機能が低下し、卵子の老化という問題が出てきます。妊娠できないだけでなく、流産や早産、奇形児の確率も増えてしまいます。

もし、35歳を過ぎてお子さんを希望しているならば、1年待たず、すぐに専門の病院で検査して、ご自分の体の状態を知ることが大切です。不妊の原因は女性だけでなく男性にある場合も同じくらいの割合であります。もし、何か問題があるようなら、早期に治療を始められます。


風疹の抗体がなくて、注射が必要ならばそれから2ヶ月は避妊期間になって、妊娠期間が先延ばしになってしまいます。ご夫婦のお子さんが欲しいと思っているなら、自然に任せてとのんきに過ごしていてはダメです。

婦人科へ行くのはあまり気がすすまないですか?
「毎月生理痛で痛みどめを飲んでます。」「婦人科へはもう何年も行っていません。」「生理も定期的にきてるし、そのうち妊娠できると思います」こういった方結構いらっしゃいます。

生理が順調に来ていても、排卵ができているとは限りません。後で、早く原因を知っておけば良かった。とならないように、ご自分の体がどんな状態なのか、今一番何が必要なのか知るために、まず妊娠のための検査をうけましょう。
お体の状態を知ることは、いち早く良い結果に結びつく近道です。

赤ちゃんがあなたを選ぶとき、あなたは迎え入れる準備ができていますか?

鍼灸サロンRiccaでは子供が欲しいけれどどうしたらいいのかお悩みの方、精神的、肉体的に頑張りすぎている方をサポートするための治療やご相談に応じています 早くスタートしましょう

安心のサポート体制

2017.08.16

不妊治療、東洋医学で妊活アプローチ

東洋医学は、それぞれの年齢・世代どんなカラダへのアプローチをするか?

長い歴史を持つ東洋医学は、「自然治癒力」という言葉で表現されるように、

もともと自分の体に備わっている力を取り戻し、さらに高めるという医学です。

きょうは何となく調子が悪い」…そんなときや、生理を本来の調子に整えるなど、妊娠に向けての体づくりも得意分野です。




東洋医学での健康とは、

体を動かすエネルギーである「」、

血液である「」、

そして体液をさす「

がスムーズに流れている状態をいいます。




例えば、

気の流れが滞るとイライラや気力の低下、

血が滞ると冷えや生理痛、

水が滞るとむくみなどが起こります。



また、生理周期の不調など婦人科の悪い部分だけを診るのではなく、

睡眠や胃腸、体や心、全体の問題としてとらえて治療をします。

毎日の生活で疲れやストレスが溜まり調子が悪くなることは誰にでもあることです。

そんなとき、体が本来の健康な状態に向かう力、自然治癒力をサポートするのが東洋医学です

妊活では、卵巣や子宮を元気に保つとともに、脳から卵巣へと伝わるホルモン分泌の流れをスムーズにすることが特に大切です。

ひとつひとつの臓器ではなく、全身を総合的にとらえて体調をよくする

東洋医学、すなわち鍼灸治療は妊娠できる体づくりに大きな効果があるんです




現代は、結婚年齢もさまざまです。

それぞれの年齢にあった体へのアプローチが必要になります!

東洋医学での年代ごとの考え方とアプローチ




30代

もっとも妊娠しやすい20代を過ぎ、30代になると生殖能力は徐々に低下します。

30代後半では急下降するので、早めの妊活を。

また、30代は婦人科の病気にかかりやすいときです。



当サロンの患者様でも多いのが子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群といった病気です。

こういった婦人科病は妊娠に影響を及ぼす可能性があります。

まずは専門家に相談をして、適切な治療をしてください。

また、鍼灸治療では生理を整え、血流を良くして子宮環境を整えます。

その方の体質なども踏まえて治療をしていきます。



40代

40代になると、女性ホルモンの分泌が落ちて、卵巣機能は低下します。

生まれながらに持っていた卵子の貯金は少なくなりますので、

大切に育てることが妊活の重要なポイントになります。

血を補う補血、血の巡りをよくする活血、生殖に関わる補腎などの

アプローチで、体を活性化していくことが必要です。



不妊鍼灸やってみませんか?

高度治療などで、なかなか結果が出ない人は、

鍼灸治療での体質改善も併用してみてください。


当サロンでは、ひとりひとりの体調に合わせた治療をさせていただいております。
夫婦、おふたりで治療も受付けておりますので、ぜひ、お気軽にご相談ください

2017.08.11

北海道で技術研修していきました

ブログを見てくださっている皆さん、こんにちは。Ricca白金店スタッフの池田です



東京は台風が過ぎたと思ったら、また猛暑みたいですね
私は夏休みをいただき、北海道の実家に帰省していますが、東京の暑さから一転寒いくらいです...。
プール遊びの用意をしてきましたが残念。。。

さて、先日北海道の帰省中に以前藪崎院長が務めていた帯広の東方鍼灸院に1日研修に行ってきました。


東方鍼灸院
吉川正子院長が考案した陰陽太極鍼という治療法はRiccaの痛くない、なるべく治療の原点となっている治療法です。
私が初めて藪崎院長の治療を受けたとき、一瞬でふくらはぎの硬さがふにゃふにゃになりとても驚き、感銘を受けました。


その治療法を考案し、今でも進化し続けている吉川院長の治療を一度拝見したいと思っていたのです。
今回研修の機会を設けていただき、本当に感謝です。
吉川院長は、昨年脳卒中で3カ月も入院する程の大病をされたとは思えないくらいお元気で、入院中も鍼灸治療をされていたそうで、
麻痺もなく元気なのは鍼のおかげもあると思うとおっしゃっていました。


入院中にも娘さんの治療を受けていたそうです。
復帰されてからも吉川先生の治療は進化し続けていて、今ではほとんど鍼を刺さずに治療をされています。


この日は、ぎっくり腰になってから色んな治療院に行ったけど、なかなか良くならなかった患者さんが来院されていましたが、来たときはかがむ事が出来なかったのに、治療後は靴下を楽に履けるようになっていて鍼治療の凄さを改めて実感してきました。


私は患者さんの治療をしている時も鍼の即効性にいつも凄い!と感動していますが、吉川院長から患者さんの皮膚が教えてくれるのよ、凄いわよね!と教えていただきました。
本当に鍼が大好きで、鍼の素晴らしさを多くの方に知ってもらいたいという気持ちが全身から伝わってくる素敵な方でした。




今回の帰省で友人達とも会って来ましたが、まだまだ鍼は痛そう、怖いというイメージがあるようです。痛くない、怖くない、なるべく刺さない鍼治療をたくさんの方に知ってもらうためにこれからも頑張ります
Page Top